gitpython つかってみた

目的

手順

いれる

$ pip install gitpython

こんな感じでリポジトリを仮に作ってみる

github.com

やりたいこと

  • git clone
  • git branch -b
  • git add
  • git commit

こんな感じで書く

import os
import git

_repo_path = os.path.join('./', 'repo')
# clone from remote
git_repo = git.Repo.clone_from('git@github.com:rane-hs/test.git', _repo_path, branch='master')
# create new branch from head
git_repo.checkout('HEAD', b='new_branch')

# 更新対象を生成
_test_dir = os.path.join(_repo_path, 'test1')
os.mkdir(_test_dir)
f = open(os.path.join(_test_dir, 'test.txt'), 'w', encoding='utf-8')
f.write('this is test')
f.close

# git add & commit
git_repo.index.add(['test1'])
git_repo.index.commit('new commit!')

# git push origin HEAD
git_repo.remotes.origin.push('HEAD')
# ここでパスとかなんやかんや聞かれる

その他

# from existing dir
git_repo= git.Repo(_git_dir)
# fetch all
git_repo.remotes.origin.fetch()
# origin/hogehoge があればここで自動でhogehogeになる。gitと動きは同じ
git_repo.git.checkout('hogehoge') 
git_repo.git.pull()

.git.{任意のコマンド} でたいていなんとかなる

次回予告

  • github3pyを使ってPRまで自動化しちゃおう!

flask で static content のフォルダーを指定する

flaskでアプリを作るんだけど

 - model
 - manager (管理画面用アプリ)
    - static
      - {css,js} <- CMSで使うcss, jsを入れる場所
 - app (アプリ層)

みたいなフォルダ構成だった場合に、管理画面2号を作りたくなったけどstaticは共通でやりたいよねみたいなその時に

app = Flask(__name__)
app.static_folder = os.path.join('path', 'to', 'your', 'static', 'folder')

ssh keyをパス有りで生成しちゃったけどパスなしに変えたいとき

ssh コマンドってパス指定できないんだよね なんでなの?

$ ssh-keygen -p [-P old_passphrase] [-N new_passphrase] [-f keyfile]

stackoverflow.com

ubuntu 12.10をアップデートしたかった

とりあえずなんかアップデートができない。なぞい

なんかsources.lstの内容がdeprecatedになっているような記述がちらほら見える

さて対策方法をエラーメッセージでぐぐったところ、

この対策をやるといいようだ

アップグレードできないubuntuの為に用意されたaptリポジトリ - ksaitoの日記

このとおりsources.lstを編集して

$ dksu update-manager

で完了します

備忘録:ipython notebook つかってみた

win+xubuntu VMで開発していることが多いんですが ipython notebookってのがあるらしいことがわかったので入れてみました

$ pip install ipython
$ pip install tornado
$ pip install pyzmq

notebook server 作成

$ ipython profile create nbserver

profile 変更

$ vim ~/.ipython/profile_nbserver/ipython_config.py
  • c.NotebookApp.ip = 'VMのIP' を追加
  • デフォルトポートは8888なのでそこも変えたかったら変更

起動

$ ipython notebook --profile=nbserver

ホストとポートを入れてアクセスすればOK

f:id:rane-hs:20150202154246j:plain

  • enter で改行
  • shift-enterで実行

楽だ!

ref

ひっこしました

リアル引っ越しもしたいですねとかいう我が家TLですがそれはさておき、

http://rane-hs.blogspot.jp/

にて日常の雑記を書くことにしています。こちらの更新はここで止めます

個人的には、github pagesを使ってBlogとして自分でメンテナンスできるサービスを作るのがいいかなーと思っています。それに成功したら、はてなダイアリーはgithub pageに移行できないかなあとか考え中です

転職活動は終わり、ソーシャル屋さんに4月から行き〼

ドコモのキャンペーンに参加しているがつらつら書き出したらネガキャンにしかならなそうだからここにまとめる

 

まず、契約がめんどくさい。

契約方法は

  1. pdfつきのメールが来るので紙に印刷する
  2. 1をドコモショップに持って行き、契約する(この時点で本体は入手できない)
  3. 契約したことを電話する。このとき、IDと契約電話番号を"口頭で"連絡。

    補足として、IDとしてはユニークな文字列が提供される。だがそれと対になるパスワードについてはどうみても全キャンペーンユーザ統一としか思えない文字列が連絡され、変更はできない
    (なりすましは想定していない?そもそも登録行為自体について問題意識はしていないように思える)
  4. 3を終えるとタブレットが届く。で、封筒がついているので、それを元に専用のページにアクセスして、twitter/facebookへの投稿を行う。
    (なりすまし対策なんだろうけども専用のページからでないと投稿できない)

タブレット本体(Arrows Tab)について:40点ってところか・・・

f:id:rane-hs:20120127203719j:plainEEE Transformer(TF101)を持っているからvs国産って感じで比較できるのがよいのだが・・・

    • よいところ:大きさと防水
      一回りほど小さいですね。あと薄い
    • 悪いところ:その他すべて
      • アプリ
        国産のお家芸ともいわれる、いっぱいのプリインアプリ。たいてい自分で入れるのは20アプリくらいですが、アプリ一覧がTF101は1ページ半なのにArrowsは約3ページ、うーん1ページ半ほど違うという。。。
         
      • 電池
        あんまりもたない印象がありますが、たぶんこれはまだ1日くらいしか使ってない影響がありそうですね
         
      • ハード面の問題がいっぱいある
        これ見てくださいよこれ
         
      • ワンセグについて
        ワンセグの電波状態が悪いと通知領域が毎回更新されて鬱陶しいです

 

LTE回線について:早いが実用レベルでは・・・

  • 速度について
    自宅(山手線の内側)で測ったところ、下り6Mbpsの上り700Kbpsといった感じでした。
    3Gの倍くらいかな? 無線LANのTF101と比べても下りでの差はそれほど感じませんでした。なかなか優秀ですね
  •  電波について
    まだ電波が弱く、山手線の中でも3Gに切り替わることがしばしば
    電波問題のいちばんタチ悪いところとして「電波悪いとバッテリーの消費が早くなる」という事がある。インフラ悪いと電池の減りも早いので、インフラとハードを両方やりくりしないと成り立たない。最近のdocomoの問題ってLTEもちょっと絡んでるのかなあ?

 

まとめ

タブレットとしては防水ワンセグの優位性をどれほど考えるか如何ですがギャラタブのほうがいいんじゃないかなあ。あとTF101いいですよ!

LTEは優秀なので、LTE圏で作業できる人はかなり快適ネットが入手できてオススメです。でも、どのデータプランでも7GB制限を超えると問答無用で128kbps制限になるのでふざけんなよ状態になる可能性があり〼